私の唯一の希望が、独立して専業のせどらーになることでした。
悩みに悩みましたが、「もし今挑戦しなければ、きっと後悔する」と強く思い、ついに決断したのです。

しかし、独立してからの私は苦労が続きました。
まず、自家用車を持っていませんでした。
商品を大量に仕入れ、持ち運ぶには車がないととても不便です。
仕方がないので旅行用のキャリーバッグに商品を詰め込もうとしましたが、案の定入りきりません。
1店舗回っただけでいっぱいになる有り様でした。
そこで、私は28万円の中古自動車をフルローンで買うことにしたのです。

さらに苦労は重なります。
私は当時、生後3ヶ月の息子を抱えていたのです。
店舗ではカートとベビーカーの2つを推しながら、商品をリサーチしました。
また、自家用車で移動するときも当然息子から目が離せません。
助手席のチャイルドシートに息子を乗せ、粉ミルクと水筒に入れたお湯、それにオムツを持ち歩きました。
今思い返しても大変な日々でした。

その当時の私の月商は、300万円前後でした。
しばらくは鳴かず飛ばずで、300~400万円を行ったり来たりするばかりでした。
毎日仕入れを続けましたが、徐々に不安が募ります。
夜、眠りに就く前、「明日はいい仕入れがあるだろうか…」と考えることもありました。

そんなある日のことです。

「月商が1100万円に達しました」

と師匠から連絡が入りました。
私は驚きのあまり、「それは何かの魔法か?」と思ってしまったほどです。
驚きや焦りを通り越し、パニック状態になった私は「なんでもしますから、教えてください!」とすがりつきたい気持ちでした。
何しろ、私はせどらーを専業にしているのに、副業の師匠の方が格段に稼いでいるのです。
私は月商300万円、かたや師匠は1100万円。
「こんなのおかしくない?」そう思いました。

しかし、当時の私は、決してさぼっていたわけではありません。
ただ、効率のいいせどりの方法を理解していなかっただけなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です